こんにちは!

Ebro (エブロ) 店長のReinaです。



ファッションの仕事をしていると、

「買付ってどうやってするんですか?」

「好きなものを選んでくるって楽しそう♪」



そんなお声を頂くことがよくあります。


そうですね、もちろん自分がいいな!と思ったものを

ご紹介したくてやっているので、

私自身がワクワクしないとダメなわけです。


紹介するってことは、

そのモノが「好きだから」。

でなければ、全く初めて目にする方に

上手には伝えられません。


でもだからといって、
「私がいいと思っているんだから、みんなも好きになるはず!」

というのも違います。

ワクワクは必要だけれども、冷静な目ももっと必要。

image


ヨーロッパのものを扱う私にとって、とても重要なセレクトの基準に、

「日本人に合うシルエットか、似合う色か」

ということがまず大きな1つのこととしてあります。


例えば、どんなに素敵なパンツでも、裾だけにポイントがついている場合。

皆さんも経験したことがありませんか?

ヨーロッパのお品はもともとが長くできているので、

悲しいかな、自分が着たら丈上げが必要なことが多いのです。

せっかくのポイントデザインが哀れな姿に!!!

そうなったら、せっかく素敵なものであっても
お客様のもとへ届けることがとても難しい。



また、ウエストポイントの位置も身長の違いによって違います。

これもずれてしまうと、服に着られているような感じになっちゃうんですね。

スペインの女性は比較的小柄な方も多いので、

スペインブランドのウエストポイントは日本人にもしっくりとくるのですが

それでもチェックは必ずしています。


そして、もう1つ、

決して自分が1番似合う服を買い付けてはいない、ということ。


「私に似合う服」。

これは主観なので、私と同じ趣向や骨格の方にはいいのですが、

当たり前のごとく、皆さんが同じように考えるわけではないのです。


セレクトする際は、長く存じ上げているお客様たちの多くが好きな

デザインや色をいつも頭に思い浮かべています。


そういう意味では、お客様と実際に接している人間が
バイヤーであることも大きなメリットかもしれませんね。


「今、何が求められているのか」

「新しい色やシルエットでも、どんなものが着たいと思うか」



そこは主観だけではなくて、

お客様の生のお声や

通勤途中で見かける女性のコーディネートは

とても参考になります。


ワクワクは必要だけれども、冷静な目ももっと必要。


それはいつでも持っていなくちゃいけないな、と思っています。


なんて言っても、全てが完売するなんてことはなくて、
何年経っても買付は難しいのですけどね(笑)


難しいからこそ、楽しいのかな?


本日もお読み頂き、ありがとうございましたー!


新作、入荷中
 ↓
dentrologo
Ebro (スペインファッション直輸入サイト)

店長 reina


FB-Ebro
Ebro 公式Facebookページ


ボタンクリックで応援になります。よろしくお願いします♪
 ↓

40代ファッション ブログランキングへ

ブロトピ:ブログ更新通知