こんにちは。

Ebro (エブロ) Reinaです。


クローゼットを開けてみると

よく着ている服、たまに出番がある服、

そして、実はこの冬まだ一度も着ていない服
があると思います。



まだ一度も着ていない・・・


理由はいろいろですよね。

昨シーズンまでに買ってお気に入りだったけれど、今シーズンは気分じゃない。

かなり古くからあるけど捨てられない。

今シーズン買ったものの、合わせるものがなくてまだ着られてない、などなど。



クローゼットのスペースを考えても、また無駄になってしまうものを増やさないためにも

本来は着ない服はなるべく少なく抑えたいものですよね。


さらに、

経済紙Forbesのデータにこんなものがあります。

1枚の服を5回じゃなく50回着れば、

年間の服生産で生まれる二酸化炭素を400%削減できる。




5回しか着ないお洋服なんてそんなにないわっ!

そう思うかもしれませんが、

5回はファストファッションのお洋服が着られる平均なのだそうです。

あくまでもアメリカでのデータなので、

日本に当てはまるかはちょっとわからないですけど。



いずれにせよ、どういうことかというと、

ファストファッションで5回しか着られないお洋服を大量に生産することは

二酸化炭素の排出が400%にもなってしまうってこと。

これは深刻ですね。



でも

反対に50回ってどんだけ??


今日着た服、何回着たか数えたことある?


25498452_10159781482010597_131263039750762072_n



意外とそんな風には考えたことないですよね。

例えば、

週1回出番がある服って、

それはかなりのお気に入りの部類に入ると思うのですが、

1シーズンの中にも暑い、寒いがあって、

長いシーズン着られても5か月くらい?

10月から2月まで、週1着たとして、


自分ではすっごく使ってると思っていても

単純計算すれば1シーズン20回ですよね。


50回1枚の服を着るということは、

同じ頻度をもう1年と半分着るくらい使うってことです。

つまり、2年半。




どうですか?


そう考えると、

クローゼットの中のどのくらいのお洋服を

50回着ているでしょうね?


もしかして、2割あったらいいくらいではないですか?


ずっと着たい、お気に入りの服を見つけることも大切だけど、

50回着られるほどの耐久性がある服を選ぶことも大切です。



長く着られる服=サステナブルな服


デザイン、トレンド、価格のバランス、

そしてサステナブルかどうか


お洋服を買う時の選択肢にはますます

この条件が欠かせなくなってきます。



50回を目指して!

そんな服選びを意識してみましょう。




本日もお読み頂き、ありがとうございました!  
      
dentrologo     
Ebro (スペインファッション直輸入サイト) 
   
店長 reina     


FB-Ebro      
Ebro 公式Facebook   


ボタンクリックで応援になります。よろしくお願いします♪     
 ↓     
    
40代ファッション ブログランキングへ