こんにちは。

Ebro (エブロ) Reinaです。


SNSを見ていると、ほとんど毎日のように話題に上っている、


プラスティックゴミ問題。


世界ではスーパーのレジ袋を数年以内に禁止する方向にある一方で、

日本では、つい先日に

「その方向になることが望ましい」

なんて、政治家が言ってましたっけ。

何とも頼りない。ってか、やる気ないよね。


私もついお財布だけ持ってコンビニに行ってしまう事がよくあります。

それだけでも、申し訳ないなーと思うけれど、

あたたかいものと冷たいものを「分けますか?」と親切に言ってくれるのも、

日本くらいだと思います。


一枚のプラスティックのレジ袋が完全に劣化してなくなるまで150年、

一本のペットボトルにおいては1000年がかかると言われています。


こんな現実、豊かさの代償が大きすぎやしませんか?
waste-2960505_640


すでにどうすることができないほどプラスティックゴミはあふれているのに、

もっともっと増やしてしまうことを阻止したい。


でもそれがなかなかできないのが現状です。


それでもグアテマラのある小さな町では、

レジ袋などのプラスティック製品を廃止した場所があるそうです。

San Pedro La Lagunaという10,000人ほどの町ですが

今では80%のプラスティックゴミが減少したということ。


食材を包むのも何度も使えるものを。

スーパーでの買い物はヤシで作ったバッグで持ち運んだり。


ほんの小さな町の一歩はできそうでできないこと。


手早く便利な今と、地球を守るという長期的な視野。

急に舵を切ることはできないけれど、

何かを始めないといけないことは確かですね。


私も。そして皆さんも。

明日できることから、考えてみましょう。


本日もお読み頂き、ありがとうございました!  
      
dentrologo     
Ebro (スペインファッション直輸入サイト) 
   
店長 reina     


FB-Ebro      
Ebro 公式Facebook   


ボタンクリックで応援になります。よろしくお願いします♪     
 ↓     
    
40代ファッション ブログランキングへ