こんにちは。

Ebro (エブロ) Reinaです。


海の日の3連休。

今年はワールドカップもあり、昼だけでなく、夜も楽しみが多かったですね。

フランス優勝!これもすごかった!!

でも、ちょうどウィンブルドンテニスも決勝戦。

どっちも気になって、落ち着きませんでしたー。


昨日で一気に夜の楽しみがなくなっちゃいましたよね。

私はその昔テニスをやってたのもあって、

ウィンブルドンも大好き。


テニスの試合って、選手はコートチェンジの間も一人きり。

自分ひとりで感情のコントロールや戦略をたてなければいけない、

自分との闘いもすごいですよね。


そんなコートチェンジの間には観客の皆さんのアップや
上空からの映像が流れたりするんですが、

観戦している方々の着ている服があまりにきれいで、

いつも日本とは違うなー、と思ってみています。

wimbledon-2983451_1280

年齢に関係なく、

ピンクやロイヤルブルー、美しい花柄、、

などなど、本当にきれいな色、柄を身に付けられているマダムの多いこと!

また、多くの方がノースリーブだったり、

胸元の開いた服を普通に着ています。


二の腕が・・・

首のシワが・・・

シミが・・・



そんなことは誰も気にしていないのです。


本人ももちろん、後ろに座っている他人だって気にしてない。


それよりも、

自分らしいスタイルを楽しみたい!

この場にふさわしい、華やかな雰囲気に身を包みたい!



そういうことなのだと思います。

131880753_o2
リーフ柄ブラウス(Malahierba - Spain)


もし日本での試合を上空から見たとしたら、

ダークトーン、または白、が多く目立つんじゃないかな。


そうはいっても、

日本では自分よりも他人がとやかく言う事が多くて、


「いくつだと思ってるの?」

「もう少し落ち着いた服にして!」

なんて、家族や知人からいわれたら

やっぱり

「年相応にしなくっちゃ」

と思うもの。


だけど、

「年相応」ってそもそも何?



別に若作りをしろ、といっているのではありませんよ!


ただ、その人が自信を持って、

自分らしく着こなせば、

同じお洋服を

違う年代の方が着ても、

それぞれにステキなスタイルが出来上がることを

経験上私は知っています。



オシャレ上手さんは、

自分スタイルに着こなせるひとのこと。


服が年齢に向いているとか、
そういうことじゃない。

コーディネートは自分が作っていくものです。



まだまだ続く夏、

自分スタイリングを楽しんでみない?


基本的に、

あなたが今着てみたい色、デザインを着てみることです!

着ていてワクワクする服は、

きっとあなたを輝かせてみせてくれますよ!



本日もお読み頂き、ありがとうございました!   
        
 夏セールも開催中
  ↓            
dentrologo      
Ebro (スペインファッション直輸入サイト) 
   
店長 reina     


FB-Ebro      
Ebro 公式Facebook   


ボタンクリックで応援になります。よろしくお願いします♪     
 ↓     
    
40代ファッション ブログランキングへ